2008年05月09日

スジメフコイダンの効果は?

スジメフコイダンの効果のヒミツは何でしょうか?

スジメとは

その名の通り、体に5本の縦筋を持つ「スジメ」は、褐藻類海藻の一種で、北海道を囲む海全域に生息しています。若い時期は身が柔らかくみそ汁などにして食せますが、老成すると硬くなるために市場でお目にかかることはありません。海水中の栄養成分であるビタミンやミネラルを吸収して成長した海藻類は、フコイダンなどの「高分子多糖体」が抽出されることで注目を集めています。

高分子多糖体とは

スジメやコンブなどの褐藻類海藻に含まれる高分子多糖体は、「フコイダン」「アルギン酸」といった食物繊維となる多糖類です。中でも注目のフコイダンはいわゆるヌメリ成分で、海藻自身が乾燥を防ぎ、傷んだ表面を修繕する働きがあります。2000年から歯舞漁協は、北海道大学大学院、釧路水産試験場、北海道立食品加工研究センターとの共同研究で、エキス抽出や、ろ過などによって高分子多糖体を取り出すことに成功しました。

食生活が偏りがちな方、食物繊維が不足がちなかたにオススメです。


歯舞スジメフコイダンの詳しい説明はこちら

【関連する記事】
posted by ネットショッピング at 18:57| スジメフコイダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。